さえずり通信に掲載された記事のご紹介です。
ウォーブルレコードの長い歴史のなかで
生まれてきた数々の作品を紐解いていく
ウォーブルアーカイブのコーナー!略してWACです!

ウォーブルの魅力を再発見!
〜ウォーブルアーカイブのコーナー〜

クリスタルボウル 倍音ヒーリングCD の巻!



ウォーブル創業から商品開発に携わる
石塚薫氏に開発秘話や裏話をインタビュー!
第2回目はCDブック「共感覚ワークブック」(VOICE刊)も
大好評の和泉貴子さんの
「クリスタルボウル 倍音ヒーリングCD」のご紹介です!

インタビュアー/谷口ゆうたろう



谷口
CDブックの発売や共感覚ワークショップなどでも、
大活躍されている和泉貴子さんですが、このCDを出すきっかけは?

石塚
本誌でおなじみの超脳トレプロデューサーの
山岡尚樹先生の講座に、
大阪からわざわざ参加されていたんですね。
その出逢いから、クリスタルボウルや共感覚の話題など、
知ってのとおり、和泉さんの明るく楽しい人柄もあり、
会話のなかで、どんどんCD制作へのイメージが広がっていきました。

谷口
和泉さんの奏でるクリスタルボウルの
音の特徴について、教えてください。

石塚
第一に打音のやわらかさ、やさしさがあります。
強く叩かなくても音の伸びが続くのです。
繊細な感覚ですね。
この特徴によりリスナーは安心して
心地よく音の世界に入っていけるのです。

さらに、クリスタルボウルという楽器は
演奏者の状態を写す鏡だとよく言われていますよね。
音のエネルギーを倍音として増幅するので、
本人の状態がとても重要になってきます。

その人の発している雰囲気や感情などが倍増されます。
ある意味、その人のそのままが直接出ますので、
まったく嘘のつけない楽器と言い換えることもできるでしょう。
CDを聴いてもらえば和泉さんの
すてきな人柄も、よく伝わるかと思います。

谷口
作曲家の坂口博樹先生が作曲を担当していますが、
どんなイメージで曲の構成を考えたのですか?

石塚
今回の音楽は、楽譜ではなく曲ごとに
「絵のイメージ」を音として収録しました。
そのあとにバックミュージックを
坂口先生がつけていきました。

和泉貴子さんは、共感覚者ですので、
その絵から音色や香りを感覚で
捉えることができるのでしょう。
メロディよりも、感覚的なところを
表現できたと思います。

ピアノなど、さまざまな楽器も
経験されてきていますので、
音楽的なコード進行も
感覚的に身についていらっしゃり、
ここを明るく表現したいという場合はこの音、
というような、音楽的な部分も備わっていて、
収録現場でもスムーズに
お互いの意図が伝わりました。

谷口
倍音ヒーリングというタイトルが
付けられていますが、
このCDを使って癒しの体験を
より深くするための、
オススメの聴き方はありますか?

石塚
このCDは日常のバックミュージックとして
聞き流しても、もちろん気持ちがいいのですが、
しっかりと意識と耳を
この音の響きに傾けるとよいでしょう。

傾聴するという聴き方ですね。

音の深みや広がりがよく分かるので、
もしあなたが、疲れているな〜、
もっと元気が欲しいな〜というときには、
じっくりと【傾聴】して
聴いていただくことをオススメします!

谷口
「共感覚」を磨くための活用法を教えてください。

石塚
まず「共感覚」というのはなにか説明しますと、
共感覚とは複数の感覚で感じ取る能力です。

たとえば、数字が色で見えたり、
色が音として聞こえるといった能力のことです。

現代にも「黄色い声」「苦い経験」「甘い恋」など、
言葉としては残っています。

和泉さんの共感覚ワークショップでは、
まずクリスタルボウルの音色で
脳波をシータ波にして変性意識になる。
そこで、直感で感じた事を覚えておく。
それが一番の秘訣です。

そこに間違いや不正解はありません。
自分が感じたことが、すべて真実です。
「共感覚」は特殊な人だけの能力ではありません。
人間が本来持っている能力です。

なので自分には無理だと身構えてしまう
必要はありません。難しく考えないで、
リラックスして、この音の響きと
調和してみてください。

共感覚のいいところは
言葉ではなく感覚で捉えるので
「本質をつかめる」ということだと
和泉さんは話しています。
ぜひ楽しんでご活用いただければと思います。



ブログランキング登録中!クリックお願いします!  

♪♪♪〜〜〜♪♪♪〜〜〜♪♪♪〜〜〜♪♪♪〜〜〜♪♪♪〜〜〜♪♪♪

★有限会社ウォーブル:さえずり通信制作部ホームページ
http://www.warble.jp

★癒し・ヒーリングのアイテムを探すなら!さえずり通信オンラインストア
http://www.warble-shop.com/
『さえずり通信』は無料でお届けしています。ぜひご登録ください!

♪♪♪〜〜〜♪♪♪〜〜〜♪♪♪〜〜〜♪♪♪〜〜〜♪♪♪〜〜〜♪♪♪

さえずり通信に掲載された記事のご紹介です。
ウォーブルレコードの長い歴史のなかで
生まれてきた数々の作品を紐解いていく
ウォーブルアーカイブ略してWACのコーナーです。


ウォーブルの魅力を再発見!WAC 
〜ウォーブルアーカイブのコーナー〜


第1回「全脳活性 超高速モーツァルトCD」の巻

ウォーブル創業から商品開発に携わる石塚薫氏に
開発秘話や裏話をインタビュー!
第1回目の今回は、2006年の発売以来、
数万枚の大ヒットを記録し続けている
「全脳活性!超高速モーツァルトCD」について
たっぷりと語ってもらいました。
取材・文 谷口ゆうたろう

超高速モーツァルトCD

さえずり通信オンラインストア


谷口
まずは、超高速モーツァルトが生み出された、
きっかけについて教えてください。

石塚
2006年当時、右脳開発で有名な七田チャイルドアカデミーで商品開発を
担当していた、本誌でもおなじみの山岡尚樹氏との話し合いの中で、
アイディアと企画が誕生しました。右脳開発のパイオニアである
七田眞校長も右脳開発において高速音やモーツァルト効果の重要性について
伝えていました。それをミックスすることにより、
まったく新しい「なにか」が生まれる可能性を感じました。

谷口
クラシックは、ゆったりしたリズムでリラックスして聴くスタイルが
一般的ですが、それを高速で聴くというのは、画期的と言えますね。

石塚
そうなんです。思いつきはとても素晴らしいものだと思いました。
しかし、洗練されているクラシックミュージックを高速にして
メロディーや原曲の美しさを損なわずに、作品として完成度の高いものが
作れるのかという憂いはありました。さらに実際に制作してみると、
カラオケでもそうですが、単純にそのままスピードを上げていくと、
どんどん音程(キー)が高くなっていってしまうんですね。
たとえ超高速で聴いても耳障りな音にならないようにするのに、
苦労を重ねて作りました。現場では音源制作を担当していただいた
音楽家の坂口博樹氏と話し合って、何度も試作を重ねていき、
最終的に納得がいくものができたと自負しています。

谷口
植物やお水などにモーツァルトを聴かせると発育が良くなったり、
水の結晶構造が変わるとか、科学的にも「モーツァルト効果」の研究が
いろいろされていますよね。それが数あるクラシックの中から
モーツァルトを選んだ理由ですか?

石塚
モーツァルトは35年の短い生涯の中で60もの作品を残しています。
まさに右脳の特徴である「ヒラメキ」の大天才です。
モーツァルトの楽曲は、叙情的で人を惹きつけるラブソングなんです。
クラシックはどちらかというと、宗教的で重苦しいイメージを
持つ方もいると思いますが、モーツァルトには
現代に通用する普遍的なものがあります。
選曲は数ある作品から、坂口氏と協力して右脳に効果的で、
さらにリラックスもできる作品を模索していきました。


スーパーモーツアルト
(イメージキャラクターのスーパーモーツァルトくん)


谷口
たしかに収録曲の「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」や
「ジュピター」などは、たとえ曲名を知らなくても、
どこかで一度は聴いたことがある愛着がわく曲ですね。

石塚
老若男女だれもが違和感なく好きになれるのが、
モーツァルトの魅力だと思います。発売以来、
たくさんの方からご感想をいただきました。
家族全員で楽しみましたという意見も数多くいただいています。
その中には超高速楽曲をクイズ形式にして
「家族で曲名を当てて楽しみました」
というようなご意見もありました。

谷口
だれでも、気軽に楽しめるというのが人気の秘密かも知れませんね。
「超高速モーツァルト」は数万枚の大ヒットを記録したと伺いましたが、
ほかにも人気の理由があれば教えてください。

石塚
発売当時にちょうど「脳トレブーム」というのがあって、
時期的に発売と重なったというラッキーもありました。
ニンテンドーDSで発売された脳力を開発するゲームソフトが
何百万本も売れて「脳を柔らかくする」「脳は鍛えられる」という
いままでになかった新しい脳への概念や考え方、アプローチ自体が、
世の中に一般的に浸透した時期でした。さらにTV番組の特集で、
このCDが取り上げられたことも人気の出た要因のひとつに
挙げられると思います。

谷口
私もこのCDをずっと活用していますが、
いまだに32倍速を聴き取れないのですが、
それでいいのでしょうか?

石塚
それでいいんです。なぜかというと、
発売当初は16倍速までしか収録していませんでした。
しかし、とくに七田チャイルドアカデミーで右脳を使う
子どもたちの中には、16倍速までを理解してしまう子どもが
多くいたんですね。イメージで瞬時につかむのだと思います。
なので、発売から半年を待たずに
32倍速を収録した改訂版になりました。
この改訂版で「瞬間全脳活性ツール」という
コンセプトが完璧に達成されたと確信しています。

谷口
このあと「超高速オペラモーツァルト」「超高速落語」など、
続編も制作されましたね。次号からも、こちらのコーナーで
引き続きインタビューさせていただきます。
本日はありがとうございました。


♪♪♪〜〜〜♪♪♪〜〜〜♪♪♪〜〜〜♪♪♪〜〜〜♪♪♪〜〜〜♪♪♪

★有限会社ウォーブル:さえずり通信制作部ホームページ
http://www.warble.jp

★癒し・ヒーリングのアイテムを探すなら!さえずり通信オンラインストア
http://www.warble-shop.com/
『さえずり通信』は無料でお届けしています。ぜひご登録ください!

♪♪♪〜〜〜♪♪♪〜〜〜♪♪♪〜〜〜♪♪♪〜〜〜♪♪♪〜〜〜♪♪♪

1

profilephoto

profile

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

ブログランキング

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM